読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ordinary Day

SMAPとそのファンにいつもの日常(OrdinaryDay)が戻ってくるよう願って作りました。

アイドルの見せる夢と現実。

SMAP

木村は、ご存知の通りSMAPで唯一の妻子持ちです。

経緯を簡単に説明すると99年まで付き合っていた彼女と別れたのち、今の嫁とデキ婚。*1

結婚をすっぱ抜いたスポーツ紙が出たのは、Smapツアーの最中。

当時私も埼玉スーパーアリーナに参加予定でした。友人数人と行く予定だったのに、全員行けなくなって私一人で玉アリに行きました。ダフ屋に声をかけられたのも初めてではありませんが「今日は余ってるよ、安くてもいいよ」と言われました。

私、既に数枚友人の分持ってるからいりませんけど(真顔)。

きっとライブで報告があるんだろうと覚悟していたら、なにも話さず終了。

肩透かしを食らったのと同時に、木村ファンの私はその日ライブを楽しむことが出来ませんでした。

帰りに友人からメールで「いま、キムタクが記者会見やってるよ!録画しておくね!」と言われました。記者会見の前に、ライブ今までやってたんだからまずファンに報告だろおおおおおおお!!!

と憤ったのと落胆と悲しいのと、1年に1度の楽しみが楽しくなかったのがとても辛かったです。

その後参加した東京ドームで、ライブが始まる前に木村が出てきて結婚の報告をしました。

どんな反応だったのか記憶がないです。でも歓声?悲鳴?そういう類の声が聞こえたのは覚えています。

あとはMCで盛り上げるメンバーに救われた気がします。*2

 

そんなわけで私はその時、アイドルの結婚(と言うか担当の結婚)ってこんな騒ぎになるんだなあ…と。

ただ拓ちゃんの場合は結婚後テレビでもライブでも家庭の話を一切しなかったので*3、個人的に必要以上にイライラするということはなかったと思います。*4

暫くの間は相手の言動でイライラしてはいましたが、そのうち慣れたのと木村だけにフォーカスを当てなくなったのと今のように緩いファンになっていきました。

 

そしてV6ヲタになってから数年後、ライブ中MCで井ノ原が「ご報告があります」と突然の結婚します宣言。

私、ポカーン。

周りまで見る余裕はなかったのであまり覚えていないのですが、あまりの唐突さにみんなポカーンと「あれなんとなく祝わないと??」な感じで「おめでとう!」の拍手。私は幸いな事に(?)井ノ原ファンが友人にいなかったのですが、周囲がおめでとうを言ってるのに自分は言えない…みたいな状況ってきっと辛かっただろうなあ。

で、私は推しが坂本くんと健ちゃんなので、特にショックを受ける事もなく、そもそもまず一番大きな波(拓ちゃんの結婚)を乗り越えていたこともあり普通にライブを楽しんだはずだったのですが!

なぜかその日1日の記憶がすっぽり抜けておりました。

いやー、これはもうね、たぶんだけど井ノ原が悪い。

マリッジハイってすっごいな!って思うくらいに、「結婚しちゃうよ!」って臆面もなくふっつううううに話してて、そりゃV6のみんな仲良しですから?メンバー全員お祝いしてて楽しくキャッキャウフフで盛り上がっていたように思うんですけど!

でも違うよね。

ライブなんだから、ファンの子ファーストだよね。

テレビでキャッキャウフフならまだ分かるんだけど、目の前に井ノ原ファンの子が来ているはずなのに、それを尻目に「お相手はかねてよりお付き合いのあった~」って報告された上にメンバー全員で結婚について話しちゃうんだもんね、子供の話とかされたらさ、こっちもどう反応すればいいかわからないよね。

しかも代々木公演3~4日間ずっと。

1日報告すればいいじゃん!

MC何日も潰す話か!?

と正直しらーっとしましたよ、担当でもないですけど。

当の本人が浮かれまくり、ツーショットで記者会見をして、レギュラー番組でメンバーと彼女のご対面をする、などなど、なんつーか「お前の結婚報告ってそこまでしないとだめなのか?」ってレベルになって、本当にぽかーん、以外の言葉が見付かりませんでしたよ*5

そして我が家にやってきたおはがき。

「いのっちは結婚したけど」の有名な井ノ原結婚報告ハガキ。

なんの為に何度も何度も「俺、結婚しました(ドヤァ)」の報告をしてきやがるの??

 

ふう。

あの時の怒涛の報告は井ノ原ファンの息の根を確実に止めに来ていたのではないだろうか…。

 

その後、ちょっと順番覚えてないんですが、TOKIOの山口くん、太一、と結婚していきましたが、昨年V6の長野博が結婚しました。

 

遂に!また!グループから2人目が!出た!

 

ただ私、ヒロシは好きではありますが担当ではないですし、その時はライブツアー最中でもなく、個人活動の方が多い時期で、なおかつSMAP解散騒動で心が大きくかき乱され過ぎていたのでヒロシ結婚→へえよかったね!と流すしか出来ませんでした。

結婚報告の封書*6が日付指定で「いい肉の日」にやってきて「どうしてこの、日付指定をSMAPの記念品にも使えなかったのかね」と別方向に思考が向いて、なんつーかアレです、私的には「とてもいいタイミングで結婚したね」的な。そう言うあれでした。

 

ただ、やはりヒロシファンの方にはダメージがあったようで*7、テンションが低空飛行な方も見受けられました。

 

分かる。

分かるよ、その気持ち!

もう16年も前だけど!私も乗り越えてこれたからヒロシファンもこれを乗り切れば一皮むけて違う感じのファンに戻れるよ!!

みたいな、なんて言うか「がんばれ」っておばちゃんは思ってしまったのですね。

ヒロシの場合は、結婚報告はともかくとして、メニュー風ご報告封書が届いたその日の夜に生音楽番組があり、それに出演しているジャニタレが一同に介しV6の歌の後ヒロシを胴上げ、「長野くんの幸せがジャニーズ事務所の幸せです!」って太一の一言は…、スマヲタ的には軽く「もにょ…」だし、うーん、冗談なのは分かってるんだけど、ヒロシファンの事もちょっと考えてやれよ的な…。

Twitterでも書きましたが、「俺らの幸せ=ファンの幸せ」と言う構図は全員に当てはまることはないのよ…。

幸せのおすそ分けは身内だけでおなしゃす、な気持ちになってしまうのよ。

 

「あなたが幸せなら私も幸せ」って理論は個人的にリアルの人間関係だけに当てはまるものだと思っているので、正直、アイドルが幸せになった(この場合は結婚した)ら、ファンも一緒に幸せになると思ったら大間違いなんだよなぁ。

「幸せの押しつけ」って申し訳ないけど、くっそうざいです。

 

ヒロシの事だけだったらこの記事を書き上げるつもりはなかったんですけど、声優業界でも結婚→炎上が続いていたので書き上げようと思いました。*8

 

アイドルの結婚ってファンも試される場面で、アイドル自身の真価も問われる時なのだなあと思いましたね。

 

アイドルと言う世界に生きている彼らは、ファンの人達に(必ずしもではないけど)ある程度の疑似恋愛的な夢を見せる事があって、そこに生まれるものって非生産的なものだけなんだけど、なんつーか、ファンも勝手なので「勝手に好きになって勝手に応援してる」だけの相手が結婚したら、夢に生きていた彼女達の核の部分が足元から崩れてしまうわけですよ。

でも「勝手に恋してる」わけだからアイドルが批難されるいわれは本当はないんだけどね、それでもやはりどこかに「アイドルとしての配慮」を求めてしまうのです。

リアルに仕事としてやっている「アイドル」を、夢のように見つめて夢の中で恋愛してるファンの価値観はほぼイコールにならないんだけど、そういう「疑似恋愛してるファン」の強みって、対象のアイドルがなにをやってもお金を払いとにかく尽くしてくれることだと思います。

例えつまらない脚本のドラマを見せられても、歌が上手くなくても、なにかやらかしても、母のように「アイドルくんは悪くないよ!お金は私が払うよ!なんでも買うよ!」みたいな、なんだろうな、ちょっと恋愛感情だけではなく、母性本能的な感情も混ざるのかも知れない。

 

もちろんそう言ういわゆる「ガチ恋勢」だけがファンではないので、ガチ恋以外の方たちは結婚しても素直に「おめでとう」を言えるのでしょうけど、それを言える人が「アイドルに疑似恋愛キモ」って言うのはなんだかなーと思います。

 

よく例えられるのが、学校で人気の先輩みたいな。

本気で好きと言うわけではないんだけど、かっこよくて優しそうだから憧れてた人が、よく知らない人(知っててもいいけど)と付き合い出して独占されてしまうと、やっぱり寂しいじゃないですか。

 

かっこよくてキラキラしてて素敵な人は、みんなで共有しないと。

財産だもん。

 

みたいなさ、そう言う…。*9

現実逃避させてくれる宝だもん。(もうイタイこと言う)

 

でもさあ、誰かが誰かの物になっちゃうのって仕方ない事なんだよねえ。

かっこよくて優しくていい人なんて当たり前だけどモテるわけだし、自分のものにならないの知ってて遠目から応援するレベルの人間の物になんかならないのは知ってるし自覚してるんだよねえ。

それでもやっぱり寂しいんだよねええええ。

これはもう仕方ないよ、感情だもん。理屈や理性でどうこう抑えられるものじゃないんだもん。

誰かの物と知りながら応援するのって、よっぽど相手のなにかに惚れてなきゃ無理なんですよ。その「なにか」ってのは顔だったり歌だったり演技だったりMCだったり面白さだったり、あと多分その人を「一人の人間」として認めることなのかなあ。

アイドルって、その「一人の人間」として認められてない事も多い気がします。

先程例えた「学校の人気の先輩」ってのは、基本的にお金が絡むわけではないので誰かの物になったとしても、まぁそこまで反発されることもないと思うんです。あと夢を見させてくれるわけではないし、「そこにいる現実の人(一人の人間)」だと分かってるから。

でもアイドルはお金をかける対象になってくるので、勝手にお金を出しているだけなのに「裏切られた感」ハンパないのかな。

あとファンが小姑みたいに相手の女性に物申すこともある。だから母性本能がファン心理に混じると言うのもあながち間違ってないかなと思う。

 

「お金をかけても彼を見ていたい」って言うのはファンだし「彼が誰かのものになってしまったからもうお金を出さない」と言うのもファンなんだけど、アイドル側でも「本当のファン」とか差別する方がいますしね(遠い目)。

「本当のファン」って去年あたりから結構出てくるワードなのでずーっと考えてるんですけど、定義はなんなんでしょうね。すんごい差別的な言葉だと思ってるんですけど、個人的に。

 

中居ちゃんのように「お前らは俺の光熱費」とか言えちゃうのは、もうファンと中居ちゃんの信頼関係から成り立つものだし、他のアイドルが同じことを同じテンションで言ったらドン引きされるかもしれないし。*10

私は木村に「お前らは俺の光熱費」って言われたらなにも買わなくなる自信がありますよ。

 

本当のファン…。

アイドル側からしたら「自分が何をやってもとりあえず応援してくれてお金を払ってくれる人」がそうなのかな。自称本当のファンは「アイドルが何をしても文句を言わずにただひたすら褒め倒してお金を払う人」なのかな。*11

いやあ、こうなっちゃうと私は教徒と信者の図だなと思ってしまうので「本当のファン」にはなり得ないけど、そう言うアイドル側の驕りも嫌いだし*12、ファン側の思い込みも嫌いだなあ。

ファンに違いはないんだよなあ。

アンリーみたいに、同じ人を見ているはずなのに違う事を感じる人も「ファン」の括りからしたら同じなので、本来なら区別してほしいと思うけどそれもそうはいかないし。木村ファンと言う意味では私との共通項はあるので。

結婚したら荒れるファン*13も本当のファンだし、十把一絡げに「ガチ恋勢」ではないんだけどなあ。ついていけない人もいるし、頑張ってついていける人もいるってだけで、だからアイドルにとって真価が問われる時と私は書いたわけで…。

 

そんな中、一番最初の木村の結婚の話に戻りますが。

アンリーが「木村の結婚でファンをやめた人は本当にアイドルが好きだったんだろうな」と呟いているのを見たけど、当たり前だろ、木村は大人気スーパーアイドル・SMAPのメンバーだったんだぞ*14

あの人達はなにを勘違いして生きてるのかね。

アイドルの木村拓哉が好きでライブに来てドラマを見て雑誌を買ってる層の方が「俳優・木村拓哉ファン」よりはるかに多かったんだから当然だろ。

結婚後のファンに、結婚を機にファンを辞めてしまった人たちの気持ちを言われたくないし理解も出来ないでしょ。

「結婚してるからどうとかどうでもいい」のは結婚後のファンだからだよ。語る資格すらない。吐き気さえする。乗り越えようと必死に頑張ったけど無理だったって人の気持ちも分からないから今アンリーなんだろうなと思う。

アイドルとして売り出されたのだからアイドルとしての木村拓哉が好きで当然のことだし、そのことを物事の本質が分からないかのように言われると本当に腹が立つ。木村はベストオブアイドルですよ、アンリーが「俳優・木村拓哉のファン」と言うように「アイドル・木村拓哉」を好きな人もいるんだから、「アイドルの木村が好きだ」と言う人を結婚してからのファンにとやかく言われる覚えはない。

アイドルは夢を見せる職業と言う意味ではアンリー達は十分アイドル木村拓哉のファンだと思いますけどね。何年もの間「夢」を見せているんだから。

 

結婚する時の対応がきっと神なんだろうな、と多大な信頼を寄せているのは三宅の健ちゃんです。あの人、アイドルオブアイドルだから…。

あと中居ちゃんかな。

 

あ、多分ね、この二人はファンに「アイドルとして与える夢」も「アイドルから突き付けられる現実」もそれなりにきちんと見せてくれるバランスの取れたアイドルだから、だと思いますよ。

 

今回もまとまらないブログだなぁ…と思いつつ、相変わらずの長文を〆るために終わります。

 

 

*1:私は嫁が嫌いなので本当は書きたくもないんですが

*2:でもさあソロ曲の合間に「俺結婚します!」って何度も言うのはどうかと思うよ拓ちゃん

*3:ラジオではしてたのかな、聞いてないので知りませんが

*4:正直、お相手が結婚直後にちょいちょいテレビで結婚の話をしまくったりおそろいの服でテレビに出演しているのを見て「うっぜーな(#^ω^)」と思っていましたよ

*5:井ノ原ファン、生きてただろうか…

*6:レストランのメニューみたいになっててさすが車でグルメなヒロシだな…と

*7:私の友人のヒロシファンは2人とも「もう歳だからさー」と言ってふわふわしていた

*8:こっちはもうちょいえぐい

*9:なんだろう、書いててちょっと自分イタイぞと感じ始めてる

*10:光ちゃんは同じルートを辿っているようで時折見るMCレポとか、ああ、中居ちゃんパターンだ、強いなと思う

*11:過激派ってこういう人が多いイメージ

*12:これはアイドルだけに限らない

*13:なんかこう書くと成人式で荒れる若者みたいな…

*14:過去形…寂しい…。