読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分からないまま、最終回。

SMAP

スマスマ最終回を終えて1日経ちました。

実はTwitterで実況していたのでなんとなく落ち着いて見ていられました。スマスマスタッフなら愛のある編集をしてくれるだろうと、20年間の信頼感って揺るぎませんね。

 

でも、なぜでしょうか。昨日の5時間にわたる最終回はスマスマスタッフの愛だけで出来た物ではなかった気がしたのです。

今までを振り返ると言うのは今までSMAPに起こった出来事を振り返ると言う事。私は稲垣逮捕も草彅逮捕も出るだろうと思っていましたが*1、2人とも逮捕されましたが不起訴になった事までは放送されませんでした。ここ、まだ誤解してる人いるみたいですが、2人とも不起訴処分ですので「前科持ち」ではありません。

それはそうと、稲垣逮捕の放送の長いこと長いこと。

「タブーも解禁!」と見出しで煽ってる記事がありましたけど、SMAPファンの間では別にタブー視されてるわけでもないと思います。

2人とも社会的な制裁を受け芸能活動も休止し、きちんと「罪を償った」と思うので。罪を償った人に対していつまでも誹謗中傷を続ける人ってどこにでもいますが、直接関係のある人ならいざ知らずほとんど他人と思える人が批難するのって歪んだ正義感だと思うんですよね。*2

 

最初のうちはスマスマを振り返るだけの総集編で、今は鬼籍にいらっしゃる方がビストロに出ているのを見ると懐かしいなと思ったり、報道されているような「不仲説」を一蹴するかのようなメンバー同士の笑顔ばかりのVTRばかり流してくれて、スマスマは本当に最終回なのかなあ、それとも20年を振り返ってるだけなのかなあ、とますます現実感がなくなっていったりして、変な話ですが楽しむ事が出来ました。きっとテレビにかじりついて食事も出来ないだろうから早目に夕飯を済ませようと思っていたのに、途中でご飯食べたりもするくらいに、なんて言うか総集編だからかすごく落ち込む事もなく本当に妙な気持ちで見ていました。

 

22時に入って突然、懐かしいソフトバンクのCMが流れました。

「なんでソフトバンクのCMを番組が使うのかな?」と不思議に思っていたら、普通にソフトバンクのCMで驚きました。驚きと共にその粋な計らいに泣きました。

nlab.itmedia.co.jp

こう言うことだそうですね。

本当に本当に愛の溢れる素敵なCMでした。

ここだけでも最高レートで録画しておきたかった…!!!

 

で、その稲垣逮捕・草彅逮捕の時もそうだったんですが、基本的にメンバーの言葉があるんですね。なにかあったらSMAPのメンバーがきちんと自分たちで話すと言うのが彼らのスタイルで、スマスマでそれを貫いていました。昨日スマスマをご覧になった方はそれを見たと思います。

なのに「解散」なんてとても大きな変化を彼らがスマスマで話さないのは20年間考えても異常な事ですよ。まともに話したの、1月当初の謝罪だけでしょ?

だからファンは「おかしい」と思うのです。

その後、なぜかスマスマではない「27時間テレビのノンストップメドレー」を流して、番組が始まった18時半に流したような「SMAP結成は1988年~」の字幕と共にオルゴール曲を加え成長し続ける彼らの仲良しキャッキャな写真や番組を再度流し…。

「なんだこれは」感満載。

 

私はスマスマスタッフが大好きですよ。

だからこんな「なんだこれは」感があるのって違和感でした。

スマヲタが信頼するスマスマスタッフがあんなちぐはぐで「公開処刑」と揶揄された1月以降2回目、今度は「追悼番組」と言われるような構成をするはずがないんですよ。*3 それくらい、ファンはスタッフさんを信じているのです。

私も「解散じゃなくて死んだみたいじゃんか」と思ってしまいました。

なにを弔ってるんだ。

まだSMAPは解散してないぞ。

嫌悪感。

最後の花では、既にスポーツ紙で報じられた通り中居が泣いていました。最初から涙声で、もちろん生歌で。

ちゃんと笑顔なんですけど、先日大竹しのぶさんがラジオで「スタッフの顔とか見えてたまんなくて」と中居が言ったと話していたそうで、その通りの顔でした。カメラを見ると自然とスタジオのスタッフが見えるからたまらない気持ち、本当にそんな感じの顔。

それだけで私もたまらなくて、でも歌ってる最中は大丈夫でした。ただ歌っているだけだったので。

最後に片手を挙げる振付があるんですが、その時に手のアップになります。

通常なら人差し指だけを立てているのに、この時はグッと握りしめた拳を開いて「1.2.3.4.5」とカウントし指を曲げていく振りに変えていました。

 

振付を変えるって、陰謀でもなんでもなく、なにかを伝えるって事だと私は思うんです。私は「5人だよ」と伝えているのかなと受け取りました。

これを「暗号」とかって言うと一気に胡散臭くなるんですけど、通常の振り付けを怪我以外の都合で変更しカメラマンさんと打ち合わせ(していると思う、あの長さだと)しているなら、それになにかメッセージ性があるのでは、と思うのはファンだからでしょうね。

そこで恥ずかしげもなく大泣きしました。

おそらくこれから見られない5人だけのステージで、涙目になりながらも笑顔で歌いきった彼らを見て泣けて泣けてしようがなかったです。

唄い終わってすぐにカットがかかるのかと思っていたら、メンバーが横並びで深い礼をし、その間に白い緞帳が下がって来て完全に閉まりきって終わりました。

「さようなら」なのか「ありがとう」なのか。

なぜか私は、1月の公開処刑みたいなものと重なって見えてしまいました。

苦しいなあ、切ないなあ。

最後、どうすれば一番良かったんだろうか。

もちろん一番いいのはSMAPが解散せずスマスマも終わらず、今年出来なかった分来年ツアーをやる事なんですけど、それは叶わぬ夢で、それならどういう形だったら彼らを労えるのだろうか…。

 

で。

人が大号泣してる最中に、まさかの幕裏見せるのはやっちゃダメよね、フジテレビ。

幕が下がったら「終わり」なの。私はそこで「スマスマ終わっちゃったなあ残念だなあ」を噛みしめたかったの。

どうして幕の裏を見せたの。

ここで言葉が出ませんでした。

お涙ちょうだいなんかSMAPもスマスマもしてきませんでしたよ。

たまたま泣ける回もあったけど、基本的にスマスマは楽しい番組のはずなのに、どうして最後の最後に感動の最終回じゃなくて「追悼番組」なんて揶揄されなきゃいけないような事したんだ。

若い時の映像を見て楽しくて笑っちゃって「スマスマやっぱ面白かったな」と回顧して、途中から少しだけ複雑な気持ちも入り混じりながら、それでもやっぱりスマスマはSMAPファンにとって大事な番組でSMAPにとっても大切なホームで、それが終わるのは時の流れや視聴率の悪さのせいだけでない「なにか」を感じてしまって、いつもは理性で必死に押し留めてる自分の中のどす黒い感情とか一気に噴出しそうな終わり方をして、いったいなんだったんだろう、と本当に理解できなかったです。

 

最初に書いた通り、私は陰謀論が嫌いです。

 

でも、どうして彼らが独立の道を選び、それを止めて事務所に戻り、マネージャーは退社し、木村が裏切り者と言われ、香取がメンタルの病気だと吹聴され、中居が木村と口をきくなとメンバーを恫喝した言う記事まで出て、1年間「SMAP」として活動できたのがスマスマと言うレギュラー番組だけで、25周年と言う記念の年に解散回避されたはずなのにシングルもアルバムも発表されず、新しい曲がないからではなく「5人での十分なパフォーマンスが出来ない」と言う不可解な理由で主な音楽番組に出演する事も叶わず、最終的に「不仲で解散」になったのか。

 

全て私には分かりません。

推測と憶測と情報の断片を拾い集めたらその「なぜ」が分かる気がするんですが、それは本当に私の嫌いな陰謀論になってしまうので書きません。

 

紅白の出演もなくなりましたが、スポニチの記者の阿部さんと言う方が紅白出場辞退について電話でインタビューされているのを見ました。

「不仲ではないので」と言った少し後に「今はメンバー間分断していますから」と言っていました。

不仲ではないのにメンバー間分断してるの意味も、私には分かりません。

なにが本当でなにが嘘なんでしょうね。

*1:ラテ欄に書いてあったのね、新聞見てなかったから知らなかった

*2:もちろん犯罪の種類もあるので一概にすべて間違ってるとは思ってはいません

*3:もうこれはごめんなさい、ファンの思い込みです!