読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ordinary Day

SMAPとそのファンにいつもの日常(OrdinaryDay)が戻ってくるよう願って作りました。

「真実」はどこにあるのか。

思う事あってブログを止めることにしました。

 

私はSMAPは好きなのでこれからもゆるーく、ぬるーく応援していくと思います。FCが解体されても「SMAP」を好きでいると思います。

2017年以降はライブDVDやそれまでのスマスマや、今楽しみにしている個々人のバラエティーを見て過ごすと思います。

でも一部の暴走しているSMAPファンの方と同じような熱量で応援するかと言われたら絶対に出来ません。

 

今、Twitterに書かれている事は真実なのか?

マスコミが書かないからと、見知らぬ誰かが呟いた「真実」は本当に真実なのか?

私だってスマスマにも出たことのある芸能人の友人だしジャニーズの某さんとも知人です。

…なんて、口ではいくらでも言えますよね?(笑)*1

 

でも、関係者ってTwitterで言うのかなあ?

言うならもっと告発的な感じで発表しないのかなあ。

バレたらヤバいからとよく聞くしよく見るんだけど、バレたらヤバい事をやったらダメなんじゃないんだろうか??自分の身辺がヤバい、と言えば信じられるのかなあ。というかそういう意識があるのであれば覚悟を決めて本当に告発的なことをするような気がするんだけどなあ(私はね)。

なんで私がこんなふうに思うかと言うと、一般の人がなにか大きなことを変えようとするなら、変える風が必要で、変える風と言うのはファンではなく世論なわけですよ。

ただ世間と芸能界と言うのは、この体質を、なにかを変えないと!と思うほど身近な存在でもなければ熱心に見てるものではないから、そういう人達を味方に付けるのはとても難しい事なんです。

 

そこで、真実を知る人って誰なのか?

って話に戻るわけですよ。

どんなに事務所があくどい事をやっていようと、それが事実だとしても、世間がどう思うかを俯瞰的に考えたら「どうでもいい」ってなりません?

私だったら、他の事務所がすごくあくどい事をやっていたとしても「あー、大変なんだな」くらいしか思いませんよ。それくらいの気持ちで、芸能界の闇を暴こう!とも思わないし、所属タレントに同情はすれど「事務所が許せない!」とまでも思わない。

 

確かに1月のあの公開処刑と言われた謝罪会見*2を見た一般の方のショックも大きかったようで一時的に話題にはなったけど、今はもう色々な事で鎮静化してるじゃないですか。

だから、真実を知りたい!と強く思うファン以外の人って誰なんだろう、となるんです。

私はもちろん知りたいですよ。メンバーが話すのであれば。事務所やマスコミのフィルターのないところで話してくれるのであれば聞きたいと思います。どうしてこういう事態になったのか。

真偽の分からないマスコミの記事を信じる気は端からないし、自称関係者でポロポロ「真実」を呟いてる人の呟きを信じる気持ちもこれっぽっちもないわけで。

そもそも、自称関係者が私の知り合いなら信じますけど、Twitterで知った程度の人の言葉を鵜呑みにするほどお人好しではないですよ…。

本当に関係者だったとしても、だったらTwitterではなく別の形で告発する事は出来ないのかと考えてしまいます。

自分の気持ちに近い報道は信じる。

そうでないものは信じない。

とすると、結局は自分が思った事以外信じていないわけですから、それを「真実だ」と断定するのはどうなんでしょうね。

 

私は、マスコミの報道は信じない、と言っていますが、活字にされるとやはり心が痛む事はありますよ。「絶対にそんなことない!」と一生懸命思っていても、活字の威力ってすごいなと思い知ります。

最近はスルー出来るようになりましたが、それでもまた年末に向けて大きな何かがあれば心が痛むでしょうし、辛くてきついなと思うだろうことは想像に難くありません。

1パーセントでも、どこかに事実が隠れてるのかもと思ってしまうから。

 

だからと言って私は、自分の信じたくないものを払拭できるような真実を知る術もありませんし、前述したとおり「メンバーが言う言葉」以外は信用するつもりはないです。自称関係者の呟く「真実」が例え私の考えに近くて、私の希望に沿っていて、少しでも安堵出来たとしても、それに縋りたいとは思わないのです。

誰かの言葉に救われることはあります。

私も何度も救われました。それは否定しません。

でも、自分に都合のいい事を信じ続けるのは、もしもそうでない事実が発覚した時いったい誰が責任を取るのかと言ったら自分なんですよ。

信じた自分が悪い。

そしてそれを信じ続けるのは信者と同じなんですよ。

タレントを信じ続ける信者なら可愛いですよ。ファンがファンを信じ続けるのはとても奇妙な構図です。その人は本当に関係者なのか。本当に真実を言っているのか。

 

私だって言えますよ。ファンの人達を安心させるような言葉なんていくらでも言えます。芸能人の友人から聞きました、とか枕詞を付ければ信じてくれそうです。今の一部のSMAPファンはそれくらい危ういです。

 

信じてるだけならいいです。それを他のグループの叩き材料に使わなければ…。そう言うことが混在し最近目立つようになってきたので、そのようなファンの方と心を一つにも出来ないし、こうしてブログで書き続けるのも辛くなってきました。

後輩Gを叩くのって全く意味がないし、なんなら敵を増やすだけですよ。SMAPが良ければ他はどうでもいいと言ってるとしか思えないですし、それはアンリーがやって嫌悪感しか湧かなかったじゃないですか。

私はJフレを知ってるくらいで、もっと若い後輩Gの事は興味ありませんが彼らにもたくさんファンがいると言う事を忘れないでほしいです。そのファンを怒らせてSMAPやスマヲタにメリットってあるんですかね。

ファンの言動のせいでファンを辞めたいと思う時が来るなんて思ってもみませんでした。

だからずっと私は「ファンの質が大事だ」と言ってるんですけどね…。

 

暴走している一部の方を私は止められないし、暴走してると言うことは今は止めるつもりがないと言うことで、周囲が同じような事をしていれば、自分も暴走していいんだと言う多数派同調バイアスがかかって、なにかがない限りは暴走は止まらないでしょう。

応援の仕方は人それぞれで構わないんですけど、それで味方が少し減って、同情していた人も呆れるようであれば、それは応援ではなく足を引っ張ると言うのです。

*1:真偽はご想像にお任せします、と言っておくと「あれもしかして本当?」とか思えちゃう。

*2:あれ会見っていうより報告だよな…